トップページ > 飼い方アドバイス > アフガン ハウンド


(10,11月) の飼い方アドバイス

アフガン ハウンド
(大型犬、長毛種、サイトハウンド グループ)
JKCオールブリード審査員/龍田 武士

秋も深まり、皆様のアフガン達も最も美しく、充実した季節を迎えようとしています。
さて、今回はコートのお手入れについて、お話していきましょう。

毎日のお手入れで必要とするアイテムは、金櫛とピングラシがあれば充分です。
付け加えるなら、根気と忍耐でしょう。
何より大切なのはグルーミングの作業を面倒と思わない。 むしろ、「楽しむ」気持ちを持つことです。
仕上がった犬を見て感じる満足感といいましょうか、美しいものを美しいと感動する心が大切です。

グルーミングは、ほんの子犬の頃の、うぶ毛の頃から日課にしましょう。
ブラシもクシも素通りしてしまいますが、飼い主さんの膝の上で、ゆっくりマッサージされると、子犬は幸せを感じるはずです。
アフガンは大型で、成犬になると日々のグルーミングに30分〜1時間程の時間を費やします。
そこで、ブラッシングは寝かせて行うようにすれば、体の内側の作業が容易になりますし、犬のほうも退屈せずに体を預けてくれます。
是非、「ゴロン」をしつけてみて下さい。

母親が子犬を舐めて綺麗にするように、優しい手で愛しむように行うのがグルーミングの極意です。
美しく仕上げるだけがグルーミングの目的ではありません。
手の温もりを感じることによって、お互いの信頼を深め、心を通わせる大切な時間なのです。

子犬は8ヶ月くらい頃から換毛期を迎えます。
このパピーからの換毛期を乗り越えたら、あなたも「アフガン飼い」として ほぼ一人前と言えるでしょう。
午前中、完璧に梳かし終えたと思いきや、もう夕方には毛玉ができてしまっている、という状態がしばらく続きます。
この時期には、どんな上質のシャンプーもトリートメントもスプレーも通用しません。
しかし、無事、大人のコートに生まれ変わったら、随分お手入れも楽になるはずです。

よく、「シャンプーは月に何度位?」と、質問を受けますが、アフガンは室内犬ですので、人間と生活を共にする上で、清潔である事が大切です。
ですから、月に何度と決めるのではなくて、汚れたら洗うくらいを心掛けて下さい。
ブラッシングも、汚れた被毛を梳かすのは、汚れがコームのすべりを悪くして毛切れの大きな原因となります。
シャンプーの前には、入念にブラッシングしておきましょう。
そして、シャンプー剤をつける前に、お湯だけでしっかりと下洗いをします。強めのシャワーで被毛を躍らせるように洗いましょう。
次に、あらかじめ希釈したシャンプー剤を全体に伸ばしてゆきます。この1度目のシャンプーは、サッと汚れを落とすつもりで軽く行ってください。
2度目のシャンプーは、地肌を洗うつもりで、指先を立ててしっかり洗いましょう。
シャンプーの泡がクリーム状になるまでマッサージします。
シャンプー剤のすすぎは勿論ですが、コンディショニングの後のすすぎもしっかり行ってください。
シャンプー3〜4回に1度は、トリートメントを使用すると、コートのハリ・コシが違ってきますからお勧めします。
面倒ですが、ホットタオルで10分程 浸透させると、より良い結果が期待できます。

タオルドライが終わったらドライヤーですが、使用するものはあまり温度が上がらず、風量の大きなドライヤーが望ましく思います。
今、イオンドライヤーが販売されていますが、こちらは私の一押しです。
乾燥はコートや皮膚のためにもしっかりと。地肌に風を送るつもりで、ブローしながら行って下さい。
耳の内側、指の間、脇の下、完璧ですか?自然乾燥は良くありません。
あとは、耳の中の水分を拭き取って、全体にコームを入れて仕上がりです。
この瞬間が、アフガン飼いの「至福の時」と言えるでしょう。

仕上がった後は、普段のお手入れとしてオイルをスプレーしておくと、乾燥からの毛切れを防止するのに大変効果的であるのですが、オイルを使用することによって汚れやすくなるという点も否めません。
オイルによって長く伸ばす事が期待できるけれど、その分、シャンプーの頻度を上げなくてはならないという事です。

さて、1頭のアフガンを仕上げるのに何時間かかりますか?
ベテランになると、3時間以内で仕上がるでしょうか。アフガンと向かい合う時は、心に余裕と時間を持つ事が大事です。




春の管理法 | 夏の管理法 | 秋の管理法 | 冬の管理法