トップページ > 飼い方アドバイス > ビーグル


春の飼い方アドバイス

ビーグル
(中型犬、短毛種 セントハウンド グループ)

春季の管理

 春の季節は人間にとっては最も過しやすい季節ですが、愛犬にとってもこの季節は大変過しやすい季節には変わりないことです。
寒い冬の間、運動面においては十分に体を動かせられずに過した愛犬も多い事と思います。
暖かくなるに従い自由な運動が十分に行えるようになりますので、公園や広い場所を利用して存分に遊ばせてやる事が大切です。
冬の間に溜めた余分な脂肪太りを早くに燃焼させてしまって、御愛犬本来のベスト体重に戻して下さい。

食事の面においては、やや脂肪分を落とした食事と冬の間の食事の分量を10%ほど少なく与えてください。

暖かくなると、犬は換毛期を迎えます。特にビーグルのアンダーコートは毛質にもより異なりますが、かなりの量が抜け落ちますのでコートナイフの使用が最善ですが、こまめにグルーミングしておいてください。
ナイフの使用は難しいと言う方は、ラバーブラシやグルーミングストーンが簡単に行えますのでお勧めです。
早くにアンダーコートを抜き取ればきれいなオーバーコートが保てるはずです。
この作業は実際には通年必要ですが、梅雨が来るまでは出来る限り行う事です。
犬は湿気が大敵ですから、初夏が来るまで頑張って続けて下さい。






春の管理法 | 夏の管理法 | 秋の管理法 | 冬の管理法